介護が楽しくなる家に住もう

介護が楽しくなる家に住もう

経験したことのある方ならお分かりかと思いますが、介護というのは精神的・肉体的にたいへんつらいものです。たとえ相手が血縁関係のある家族であっても、毎日のことですからやはり負担は大きい。時には耐えがたい苦しみを覚えられる人がいるかもしれません。しかし家の造り次第では、負担をずいぶんと和らげることは可能です。例えば、まだ残存機能がたくさんあって、車椅子生活だけれどもたいていのことは自分でできる人であれば、あえて介護の手を差し伸べる必要はありません。過剰な介護はかえって残存機能を奪うことになってしまいますから、住環境を車椅子で何でもできるような造りに変え、その機能を維持できるように手助けすればよいのです。

また、本格的な介護が始まると予想できるのであれば、負担を軽減するために思い切ってリフォームしてはどうでしょう。和式のトイレを洋式に変えたり、部屋の中にトイレを造ったりすると、今ある機能を維持できるばかりか、逆に介護者の負担が一気に減る場合もあります。そのように、「介護が楽しくなる家に住もう!」とまではいかないにしろ、つらい介護が少しでも軽減される家に住むために、このサイトでは「介護と住居にまつわるエトセトラ」を紹介します。これを参考にされた方が、介護という負担から精神的にも肉体的にも解き放たれることを願っています。

介護が楽しくなる家に住もう

「段差がない」のはもはや定番!?

規格住宅でも「段差がない」のはもはや定番になりました。

介護の将来を考えたリフォーム

介護の将来を考えたリフォームを行う必要があります。

リフォームをして介護が楽しくなる家に住みませんか。

介護が楽しくなる家に住もう「段差がない」のはもはや定番!?介護の将来を考えたリフォームサイトマップ